お知らせ

2017/08/30
野生動物管理全国協議会主催 2017年 公開シンポジウムの講演要旨を公開しました。

野生動物管理全国協議会 2017 シンポジウム 講演要旨 :PDFファイルのダウンロード(388KB)

2017/07/21
野生動物管理全国協議会主催 2017年 公開シンポジウムを踏まえた提言を公開しました。

 

2017/05/02
野生動物管理全国協議会主催 2017年 公開シンポジウム
「野生動物管理の体制と資源的利用のあり方を考える」(終了しました)

日時:平成29年6月4日 (日) 12:30~17:00
会場:東京大学 弥生講堂 一条ホール
定員:200名(要申込)
参加費:無料
2017シンポジウム開催案内

開催趣旨

野生動物を適切に管理し、資源として持続的に活用するためには、機能する体制づくりと、現場対応可能な人材の育成が不可欠です。 今回のシンポジウムでは、これまでのシンポジウムでの議論をふまえ、今後10 年を見据えた目指すべき方向性を考えます。

プログラム

開催挨拶
野生動物管理の現場における役割分担・協働の在り方を考える
( 東京農工大学大学院 農学研究院 教授 梶 光一 )

第 一 部 人材育成と役割分担 12:35 ~ 14:00
【コーディネーター】 岐阜大学 応用生物科学部 教授 鈴木 正嗣
【基調講演】
カワウを対象とするシャープシューティング(KSS)の成果
( 株式会社イーグレット・オフィス 専務取締役 須藤 明子 )
【事例報告】
米国における「ホワイトバッファロー」の活躍と人材育成トレーニング
( 酪農学園大学 農食環境学群・環境共生学類 准教授 伊吾田 宏正 )

第 二 部 被害対策と資源利用 14:15 ~ 15:30
【コーディネーター】 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授 横山 真弓
【基調講演】
長野県における資源的活用推進策の課題
~10 年間の取り組みを経て顕在化したこと~
( 信州大学 学術研究院 農学系 准教授 竹田 謙一 )
【事例報告】
被害対策としての「基本」を押さえた捕獲と資源的活用
( 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授 山端 直人 )

第 三 部 パネルディスカッション 15:45 ~ 16:50
【総括・まとめ】
被害対策に結びつける資源利用とは
( 美郷町役場 産業振興課 課長補佐 安田 亮 )
【パネルディスカッション】
コーディネーター: 梶 光一 パネリスト:講演者


野生動物管理全国協議会主催
「美味しく食べよう!夏シシ・春シカ・スネ・ネック!」
~現場の課題に向き合う本気のジビエの会~」(定員に達しました)

日時:平成29年6月4日 (日) 18:00 ~ 19:30
会場:レンタルキッチンパティア 新御茶ノ水店
定員:50名(要申込・先着順)
参加費:5,000円
開催案内(本気のジビエの会)